《犬の癌について》癌の症状や種類・早期発見のためのチェック項目

犬の癌による症状について

心臓以外の臓器や部位全てに癌が発生する可能性があるとされていますが、犬の癌による症状はいつの間にか悪化していることも多いため
早期発見することがとても重要です。
犬が癌を発症した場合、食欲不振や体重の減少、元気がない、貧血症でふらつく、尿や便に異常がみられる、歯茎や舌が白くなっている、
気力がなくて遊ぼうとしない、嘔吐、下痢、跛行(はこう)、口臭、痙攣などの症状がみられる場合があります。
また、特に犬の癌で見つけやすい症状の一つに、「しこり」の発見があります。
犬の皮膚を触ったときにしこりが現れているときには、良性の腫瘍の場合もあれば、悪性の腫瘍、すなわち癌である可能性があります。
そのため、愛犬の身体にしこりを見つけた時にはすぐに動物病院に行って獣医に詳しく診察してもらうことが大切です。