《犬の癌について》癌の症状や種類・早期発見のためのチェック項目

定期的に愛犬の健康診断!

人は小さな頃から学校で健康診断を受けますし、社会人になってからも同様に定期的に健康診断を受けます。
そして、年齢を重ねるごとに病気の早期発見や予防にと、健康診断の必要性は高まり回数も増えていきます。
こういった健康診断は人だけに限ったことではなく、愛犬である犬にも必要とされる検査です。
犬は人間に比べて4~5倍の速さで年をとるといわれています。
そのため、愛犬が年を重ねるごとに定期的な健康診断を受けることが大切ですし、癌といった病気を早期発見するためにも大切なことです。
皮膚にしこりができている、食欲不振や体重低下など、目に見える変化に対しては日常的に飼い主さんがセルフチェックすることが大切ですが、
動物病院で健康診断を受ければ血液検査や尿検査、レントゲン、さらにはエコーやCT、MRIといった検査を受けられる病院もあります。
健康診断のプラン内容によっては、基本プランに検査を追加していくスタイルになります。
 
 

人に限らず、愛犬である犬も癌という病気にかかります。
犬も人と同様に年を重ねて高齢になるほど癌の発生率が高まるとされているため、動物病院で定期的に健康診断を受けることも大切です。
また、犬の癌も人と同じく早期発見をして早期治療を行うことで癌の進行を抑えられる可能性が高まるといわれています。
そのため、犬のちょっとした変化や症状にも気づけるように、飼い主さん自身が日常的に愛犬のようすをチェックして、
前兆を見逃さないための対策を練ることが大切な役目であり責任であるといえるでしょう。